【東京】区分投資マンション・ワンルームマンション等の収益物件の売却投資相談におすすめの会社を比較ランキングでご紹介!

区分・投資用マンションの売却は仲介と買取でどう違う?

投資用のマンションを所有していて、そのマンションを売りたいと言う場合、不動産会社と契約を結んでから売ると言う流れが一般的です。

その方法には2種類あり、それぞれに特徴やメリット・デメリットがあります。マンションを売りたいと言うときは、これらの点についてよく理解しておくことでより良い方法を選択することができます。

 

 

 

 

投資用の所有物件を売りたいときの方法には何がある?

 

投資用のマンションを売りたいと言う場合、自身で投資用マンションを買いたいという人を見つけられれば良いことですが、現実的には買い手を自身で見つけるのはとても難しいですし、専門的な契約も交わす必要があります。そのため、多くの場合には専門の業者に依頼して取引をすると言う方法が一般的な方法になっているのです。専門業者に依頼すると投資用のマンション売却をよりスムーズにおこなうことができますし、時間的なメリットもあります。基本的に、投資用マンションの売却は仲介買取の2種類があり、専門の業者に依頼すると言う場合にはこの2つのスタイルからどちらかを選んで契約をすることになるということなのです。

では、仲介を選ぶのがいいのか、買取を選ぶのがいいのかという点ですが、事前に目的をはっきりしておくことによってどちらのスタイルが良いのかが明確になってきます。なぜマンション売却を希望しているのかという点をよく検討しておくようにしましょう。概して、仲介は売却までの期間は買取よりもかかりますが、売却金額が高めになると言う特徴があります。それに対して、買取は売却金額は低くなってしまうのですが、売却までの期間が圧倒的に早いと言うメリットがあります。

このような点なども良く理解をしておいてからどちらにするかを決めるようにするのがおすすめです。

 

不動産会社に仲立ちしてもらう方法がある

 

不動産業者に依頼するときに仲介を選択すると、不動産業者に広告をしてもらって購入希望者を繋げてもらうことができます。そのため、この方法を選択すると、第三者である購入希望者が見つかれば購入希望価格に近い金額でマンションを売却することができると言った特徴があります。しかし、購入希望者が見つからなければ投資用のマンションを売ることができず、いつ頃購入を希望する人が見つかるかについても保証がないので、そのまま時間が経過していきやすいと言ったデメリットもあるのです。そのようなケースで、すぐにマンションを売却したいということならば、もう一つの方法である買取という方法のほうがニーズに合うでしょう。

 

不動産会社に買い取ってもらうことも可能になっている

 

価格は低めになってもマンションを確実に売りたいという場合やできるだけ早く売りたいというときには、買取という方法がおすすめです。この方法は依頼をする不動産会社にマンションを買取してもらうという方法になるため、不動産会社は第三者である購入者を見つけるのではなく、不動産会社自身が買取をおこなうというスタイルになります。

その際、買取金額は仲介よりも低めになるのが一般的ですが、売却までの期間が短くなるというメリットがありますので、早く確実に売りたいというときにはこのほうほうはおすすめです。そして、なかなか売れないで不安になるよりも、すぐに購入してもらえるほうが良いというケースでこの方法が選択されることが多いという特徴があります。

 

投資用のマンションを所有していて不動産会社に依頼してその物件を売りたいという場合には、仲立ちをしてもらう方法と買い取ってもらう方法の2種類のスタイルがありました。この2つの方法は期間的な点や金額的な点で特徴がありますが、どちらが絶対的に有利というのではなく、売り手のニーズなどに合せて選択していくことがベストです。それぞれの方法の特徴をよく知っておき、メリットとデメリットを検討したうえで選ぶようにしましょう。

サイト内検索