【東京】区分投資マンション・ワンルームマンション等の収益物件の売却投資相談におすすめの会社を比較ランキングでご紹介!

投資用マンションの売却はやっぱり都内の方が高い?

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/02/03

投資用マンションの売却を検討する際には、まずマンション価格の相場を知るのが大切です。都内は東京オリンピック開催を控えていて、建設ラッシュになっています。価格相場は全体的に落ち着いていますが、やはり高値は維持している傾向があります。

需要の高さについて考えること

都内はマンションの需要も高いので、都内で売り出すと成約までの期間が短くて有利となります。東京の投資用マンションの相場を知る方法として、不動産投資サイトの不動産相場マップなどを活用する方法があります。

東京都の不動産の不動産相場マップを活用すると、区ごとのマンション価格の相場が分かります。価格を調べたいエリアを入力して、面積と築年数を入力する、マンション価格の相場が分かります。AI技術の進化に伴い、AI自動査定の活用が人気です。こうしたデジタルシステムの活用で、個人でも価格相場が分かります。

都内の投資用マンションの価格は区ごとに異なります。渋谷区・目黒区・千代田区・港区などは特に人気です。都内の投資用マンションの価格差は大きくて、最も人気が高い渋谷区と足立区は3倍くらい価格が異なります。

投資用マンションを売りに出すときは、不動産投資会社に仲介を依頼するのが一般的です。客付けが良い仲介会社に依頼すると成約までの期間が短くなりますし、不動産取引に関係する手続きなどを代行してくれたりします。

独自のシステムや情報提供能力高い仲介会社は人気があります。比較サイトなどを利用して、どのような仲介会社があるかを知るのは大切です。

価格の相場を事前に知ることによって

投資用マンションを都内で売却するときはその相場を知る必要があり、相場より高く売ることを意識する必要があります。都内は需要が高いので相場より高く売りやすいと言えます。

都内のマンションは東京オリンピック前後がピークと予測されることが多いです。このため急いで売却した方が良い可能性も高いです。東京の中古マンションの平均売却は3400万ぐらいとなっています。

東京と言っても区ごとに価格相場は異なり、人気のエリアは東京都全体の相場よりかなり高くなります。不動産の価格の相場を算定する方法として、取引事例比較法と原価法と収益還元法とがあります。

投資用マンションの場合は取引事例比較法で考えるのが重要となってきます。取引事例法では過去の同じような条件のマンションの取引価格を参考にして、想定価格を算定します。

不動産仲介会社は実際の取引価格に関する情報を多く持っています。情報力がある仲介会社に依頼することが、納得のいく価格で投資用マンションを売却することに繋がります。

その価格の違いなどを上手く認識する

東京都で投資用マンションを売却するときは、売り出し価格と成約価格の違いを考えます。不動産仲介会社は成約価格に関する情報を多く持っています。こうした情報を参考にして、上手く高値で売却してくれる仲介会社に上手く依頼するのが大切です。

不動産価格に関する情報は仲介会社間のネットワークであるレインズを見ると良く分かります。レインズなどから得られるデータは上手く統計解析する必要があります。こうしたデータをAIで自動分析すると、不動産に関するデータが可視化されて、相場の変動が分かりやすくなります。

東京都の投資用マンションは売りやすいときに売りに出す必要もあります。データ分析が優れている不動産仲介会社、売りに出すタイミングも的確です。

 

東京都はマンション需要が高い傾向が続いていて、成約までの期間が短い傾向もあるので、不動産投資を都内でおこなうと有利です。不動産投資をおこなうときは流動性を意識する必要があり、流動性の高い都内は不動産を現金化するまでの期間が短くなります。

不動産投資をするときは次の投資を考える必要があり、必要なときに素早く現金化できることを常に意識しておくのが大切となります。不動産需要が高い地域は不動産投資が有利となる傾向があります。




サイト内検索
記事一覧