【東京】区分投資マンション・ワンルームマンション等の収益物件の売却投資相談におすすめの会社を比較ランキングでご紹介!

区分・投資用マンションを売却する際の注意点って?

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/06/04

素人が不動産の売買をする際には、最低限の気を付けておくべき注意点を守るようにして、不当に損失を被ってしまうことがないようしたほうが良いでしょう。

売却をするうえでの注意点は、基本的な項目も少なくないので、まずは自分自身でも不動産売買のリスクをしっかりと勉強しておくことも重要となります。

 

 

 

 

複数の相手から情報を貰って判断するとよい

 

所有している投資用マンションを売却する際には、不動産業者に問い合わせをすることになりますが、最初は複数の不動産業者に問い合わせをしておくことが重要となります。注意点として、一つの不動産業者に問い合わせをした場合、その業者から提供される情報がすべてになってしまうので、適正価格よりも低い価格で売ることになってしまう恐れもあります。多くの不動産業者が、投資用マンションの売却に関して問い合わせをすると、快く対応してくれることが多いので、気兼ねなく利用できるでしょう。

一つの業者の査定結果だけで動くのではなく、複数の査定結果を見て総合的に適正な価格を判断したほうが安心して取引ができることでしょう。特に不動産業者との取引経験があまりないという人は、信頼できる相手を見つけることが重要となるので、なるべくたくさんの業者の意見を聞いて、信頼できそうな相手を見極めることが有効となります。

 

出せる情報はきちんと出したほうが良い

 

投資用マンションの売却のために査定をお願いする際には、できるだけ印象が良くなるようにすることが注意点として挙げられます。査定を担当するスタッフが見た第一印象が、査定価格に大きな影響を与えてしまうことが考えられるので、室内を綺麗にしておくことも重要となるでしょう。

また、査定時には詳細な資料なども用意しておくことが重要であり、建物の確認済証や過去の修繕記録、建築時の図面などを提示することができれば、査定価格も上がる可能性があります。売買時点で不確定な要素が多いと、売却査定価格に悪影響を与えてしまうことが考えられるので、出せる情報はしっかりと提示したほうが良いです。

 

賃借人の情報や不具合情報の伝達は大切

 

投資用マンションは賃貸物件が多いので、売却の時点で賃借人が住んでいることも少なくないので、注意点としては、売却時に新たな買主に情報を提供することが必要です。

賃借人が入居してどの程度の月日が経過しているかや、過去にどのような要望を上げてきているかなどを新しい買主に引き継いでおけばトラブルを防ぐことができるでしょう。建物の情報としては、過去に建物のどのような位置に不具合が発生したかなどの履歴情報をきちんと開示しておくことが求められます。情報を正確に伝えておかないと、後々に借家人と新オーナーとのトラブルが発生して、それに巻き込まれてしまう可能性があるでしょう。

 

投資用マンションを初めて売却するという人は、不慣れなことが多いので、トラブルが発生しないように注意することが重要となります。まずは、取引相手である信頼することができる不動産業者を見つけることが重要であり、気兼ねせずに複数の業者に問い合わせをすることが良いでしょう。

投資用マンションは賃借人が生活している状態で売買されるものもあるので、借りている人に迷惑が掛からないように、必要な情報はすべて新しいオーナーに伝達することが重要といえます。どんなに細かい情報でも伝え漏れがあると、賃借人にとってはすごく迷惑を感じてしまうこともあるので注意すべきでしょう。




サイト内検索
記事一覧